スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

2014-03-15

スポンサーサイト
tag :

2年が過ぎて  これからもやらなければならない

2013-04-22
 支援いろいろお願いです 
2013年3月11日は郡山市富田町に作られた仮設住宅群の中の双葉町地区で迎えました。仲間のハートネットふくしまの活動に参加して2時46分を住民の方と迎えました。
IMG_2628.jpg
この模様は地元の方の希望でした。

IMG_2633.jpg
みなさんでロウソクに灯を灯し、2時46分を待ちました。

P3110731.jpg
50km先にある双葉町に向かって合掌しました。

 福島の状況は複雑です。それをどのように伝えられるかずうっと考えてきました。津波で亡くなった方がいます。一方地震被害は殆どなくても、漁も出来ず、作物を植える事も出来ず、牛を飼う事も出来ない、住む事さえ出来ない過酷な現実があります。こんな理不尽な事態をどのような気持ちで耐え続けなければいけないかを考えただけで、暗澹たる気持ちにさせられます。
 だからこそ地道にどんくさくさえ見えるような炊き出し活動を続けているハートネットふくしまと繋がっていきたいと思います。炊き出しは道具です。事務所で下ごしらえした具を現地で鍋にして待つ間三々五々やってきた方との何気ないおしゃべりに大事なシグナルが隠されているかもしれません。そんな毎日の活動を続けているハートネットふくしまですが、2年を過ぎて疲れが出てきているのは事実です。被災地を覆う重大問題はここでも現れています。
みなさんへのお願い
炊き出しを続けられるよう支えてください。
1 材料を調達できるようカンパを届けてください。
 振込先:東邦銀行 郡山市役所支店 普通預金 148505 ハートネットふくしま 理事長 吉田公男
2 材料を届けてください。
 当初は九州の新燃岳周辺の農家救済プログラムで震災がつなぐ全国ネットワークからの野菜が届けられたり、各団体からの物資支援がありましたが、資金不足などで多くは現在途絶えています。お知り合いの農家や商店などに声がけしてみてください。
 材料は豚汁など知るものに使えるものなら何でも可です。
 送付先 
〒 963-8811
福島県郡山市方八町2丁目7-21 Y第一ビル NPO法人 ハートネットふくしま
TEL 024-954-7959 Fax 024-954-7960
3 活動に参加してください。
 一日だけの参加可能です。朝10時に上記の事務所に集まり、1〜2時間で下ごしらえし、車で仮設住宅に向かいます。現地で2時間ほど滞在し、汁を作り、配りながらちょっとしたおしゃべりを交わします。事務所解散が3時〜4時ですので日帰り十分可能です。

まけないぞうプロジェクト
 被災地での生き甲斐作りの商品として「まけないぞう」は誕生17年となった今も岩手、宮城、福島だけでなく福島から避難した各地でも多くの方が作り続けています。多くの生産者が頑張っているという事は、おおくのぞうが誕生しているという事です。作っている方を励ますのは、単に買い上げてお金を渡す事ではありません。多くの方の手に渡っているという事が伝わる事で、大勢の支援する気持ちを届ける事になるのです。当研究所は現地で仲介作業をしている「とちぎボランティアネットワーク」と協同して首都圏での販売活動を強化するお手伝いを始めました。
 そこで次のお願いがあります。
1 イベント情報を教えてください。そこで被災地の商品を展示販売しながら支援を訴えていきます。
2 常設でおいてくれるお店をご紹介ください。ご連絡くださればお店と話を詰めていきます。
 先月はかながわ県民センターを使っての市民活動フェアーで福島のお母さん達も販売に駆けつけてくれました。
P3100722.jpg


会場にはちょうど福島県の職員の方もお見えで話に花が咲きました。
P3100725.jpg
ご協力お願いします。

 女川はどうなっているのか
 昨年5月27日にうみねこハウス第一棟が誕生して間もなく一年となります。布草履組合が活動を始めてから1年8ヶ月となります。事業はほぼ順調に発展しているものの、一番大きな課題は人材確保。八木さん一人が全国を駆け巡っている状況をサポートできる右腕が必要です。そんな中すこしでも出来る支援を遠くの地から、としか言えない立場が歯がゆいですが、現地でのボランティア活動の重要性は少しも落ちていません。
 「宇田川さんちっとも来ないけどもうボランティアやめちゃったの?」なんてきついお言葉をお母さんがたから頂いちゃったので奮起しなければ、と思います。そこで今後の予定ですが、
1 うみねこハウス2周年記念
2 活動拡大、ブルーベリー畑開墾
3 お久しぶりの顔見せ
といった複合目的のボラバスを6月に出します。予定は6月7日発9日着で調整しようと思っています。決まり次第告知します。
 個人で行かれる方にお知らせです。
 6月22日(土)女川に日野美歌さんが来てくれます。女川一小で歌ってくれる予定です。八木さんのアタックの成果だそうです。おかあさん、おとうさん達は「氷雨」を聞きたくて心待ちだそうです。


tag :

今年初のボラバス ブルーベリー便です

2013-02-13
3/1(金)深夜発かなボラ・とうボラ協働「ブルーベリー便」 女川で果樹園の準備

まもなく東日本大震災から2年です。ママサポーターズ代表 八木さんは、震災から約半年後から女川町高白浜の7人娘の布草履作りのサポートを始め、うみねこハウスを立ち上げ、今では4カ所50名になり、各所から講演や取材で引っ張りだこです。今回一般社団法人になり「コミュニティーハウス・ウミネコ」へと発展してきました。
そんな八木さんが今度は現地での起業、特に男性陣の参加を見込んだブルーベリー果樹園を計画しています。
今回のボラバスはその第一歩をお手伝いすることになります。いままで二回畑の整備をしてきました。いよいよブルーベリーを植え付けますが、鹿の食害を防ぐために柵を張らねばばりません。かながわ発ボラバス18便と、とうきょう発ボラバス14便の協働で、隊長は山田さんです。
皆さんのご参加お待ちしています!

1. 出発・解散地と時間
 3月1日(金)
①横浜駅西口天理ビル前22:30集合 23:00出発
②JR上野駅中央改札「翼の像」前23:30分集合 24:00出発
 3月2日(土)
  07:00 被災状況を確認しながら女川へ 
  08:30 高白浜着
  16:30 女川出発→買い物
  19:00 元気の湯到着 入浴・食事・懇親会・仮眠など
  24:00 元気の湯 出発
 3月3日(日)05:30上野駅帰着 06:30横浜駅帰着
2. 活動内容 
 ジャム加工のためのブルーベリー畑の囲いの設置や、整地など 3. 定員 40名
4. 申込み〆切 2月22日(金)23:59
5. 参加費 8,000円 (バス代、高速道路代)
6. 申込の流れ
①添付ファイル(Excel)が受け取れるアドレスからkanavola311@gmail.com宛てに
 件名:ブルーベリー便申込み
 本文:【氏名、携帯番号、携帯アドレス、乗降場所(①横浜②東京)】を書いてメールでお申し込み下さい。
②受付番号と諸手続きに関する連絡を返信いたします。
 高校生以下の参加希望者は、保護者の同意書が必要です。記入の上、当日持参いただきます。
③参加費を振込み後、振込完了メールを送信いただき参加の意思確認とさせていただきます。
 期日までに参加費を払い込まれないとキャンセル扱いとなりますのでご注意ください。
当日までに天災特約付きボランティア保険(社会福祉協議会)もしくはそれに準ずる保険に必ず加入しておいてください。
 <東京>http://www.tokyo-fk.com/MadoguchiList.php
 <千葉>http://www.chibakenshakyo.com/top/sityouson.htm
 <埼玉>http://www.fukushi-saitama.or.jp/site/perf/volunteer/
7. 参加費払い込み方法
 2月23日(土)までに振込後、振込完了メールを送信いただき受付完了となります。
 振込確認ができない場合のみ、こちらからご連絡いたします。
  三菱東京UFJ銀行大倉山支店
  国際救急法研究所
  普通0428821
 振込依頼人名に受付番号を入れてください。 例)18-1ウダガワノリオ
 参加費は主催者側の都合による中止の場合以外は返金出来ません。
※元気の湯入場料(600円)、食事代は別途個人負担
8. 問合せ
  kanavola311@gmail.com
  かながわ発ボラバス応援隊 宇田川まで
9. 持ち物
 長靴、軍手、厚手の作業用ゴム手袋、立体型マスク、汚れてもよい長袖・長ズボン、レインコート・レインズボン、飲料水、保険証、着替え、タオルなど 
★現地の情報
・活動場所にお手洗いはあります。
・温かいつみれ汁を提供してもらえます。 
・活動地に到着前に食事や飲み物を購入するためにコンビニエンスストアに寄ります。

※メールの宛先や振込先はかなボラになります。ご注意ください。
tag :

木沢 凄い雪です

2013-02-09
tag :

高白浜七人娘温泉旅行同行記 第二部

2012-01-08
 さてさて前回からだいぶ日が空いてしまったのですが、それはひとえに筆者のIT能力の欠如によるものでありまして、今回お伝えしたかった宴会のハイライト、「トミちゃん独演会」のムービーをどうアップするかの技術的困難を克服できなかったからです。それでもお伝えしたいトミちゃんの芸です。以下のアドレス http://www.youtube.com/watch?v=ctmh2uOuinE にアクセスするか、You Tubeで「トミちゃん独演会」で検索してぜひご覧になってください。それほどに「すごい」隠し芸です。
 そんな芸で盛り上がった宴会でしたが、ほかの皆さんも次々とのどを披露します。採点結果は宇田川が最下位。皆さんのたくましい演歌に負けました。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。