スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

水害被災地支援にお力を                      現地に行けなくてもできる支援あります

2014-08-22
 今月中旬から西日本を中心に激しい雨による水害被害が多発しています。現在災害ボランティアセンターが各地に設置されています。広島市、兵庫県丹波市,京都府福知山市、綾部市、岐阜県飛騨高山市、徳島県海陽町、那賀町、山口県岩国市などなどです。台風被害の他、一昨日発生した広島市のように1時間に100mmを越す猛烈な雨が局地的に集中するといった以前には見られない降雨が原因の被害が多発しているのが特徴です。
 現在各地への支援が行われていますが、神奈川からは遠く、簡単には応援に行けない地域が殆どです。その中で震災がつなぐ全国ネットワークつながりで、飛騨高山で活動しているVネット岐阜の川上さんからのSOSに応えて高山水害の支援に参加します。高山市市社協のHPでは県外ボランティア受付終了と書かれていますが、まだ受入れしていることを確認済みです。
日時 8月23日〜25日
集合 横浜駅西口23時 海老名駅23時半
募集人員 10名(車2台)
参加費 交通費割り勘 高速料金+ガソリン代で一台3万円弱と思います。
持ち物 軍手、長靴、着替え、タオル、帽子、(かなり暑いのでそれに備えて下さい) 
申し込み kanavola311@gmail.com もしくは090-9102-3914(問い合わせもこちらへ)

スポンサーサイト
tag :

ゆめハウスと石巻市を訪れ、復興の意味を考える

2013-11-27
 ゆめハウス便は,この間大きな前進を見た女川町ママサポーターズの活動を共に祝うことにあります。ママサポーターズ(ママサポ)は石巻の避難所にいるおかあさんたちへの支援から始まりました。だからママサポーターズです。そこから遊び場支援、生き甲斐支援と発展して行き、行き着いたところが布草履制作活動です。今や全国のみならず、海外にもその名が知られるようになりました。その活動拠点がうみねこハウスですが、ここは道路拡張に伴い移転を余儀なくされます。そこで女川町高白浜に唯一残った建物を改造して、農産物加工所、カフェ、休憩所を併設した建物として新たな活動拠点とします。建物の前はイチジク畑となっており、そのイチジクを栽培するのは男性陣、加工するのは女性陣とそれぞれが活躍できるような形が可能になりました。輝く復興の陽の形です。
 一方、石巻市大街道南地区は折角住めるように直した自宅を捨てざるを得ない事態が起きています。市が新しく計画している津波除けを兼ねた道路の建設地に引っかかるからです。あと10m海よりにすれば立ち退かなくても済むのに、と現地を見ると思います。こちらは復興に関わる陰の部分と言えます。
 復興が思うように進まない中でボランティアの助けがまだまだ必要です。陽の形を取る事が出来た部分はもとより、陰の部分は忘れ去られがちです。大街道に住む佐々木さん宅は私たちが2番目にお手伝いして,その後も何回も訪問させてもらっています。奥さんは二年半経っても北上川を越える事が出来ないとおっしゃっています。そこへ今回の移転話です。だからこそこれからも寄り添って支援を続けたいと思っています。
 今回のバスは現地で長期的な支援の意味を学ぶ企画です。ぜひご参加ください。
http://www.youbus.co.jp/vformyume/
が申し込みフォームです。

tag :

フィリピンと東北と

2013-11-17
フィリピン支援を 
 台風30号(Haiyan)の被害写真を見ると2011年の東北の風景を思い起こさせます。多くの団体が支援に乗り出しています。ここでは当研究所も会員になっているCODE(海外災害支援市民センター)を紹介します。
http://www.code-jp.org
CODEとは?
1995年の阪神・淡路大震災をきっかけに、海外で起きた災害で被災した人たちに対する支援活動が被災地内外で高まりを見せ、さまざまな取り組みが続けられてきています。海外の被災地の人々に対して、少しでも役に立ちたいという思いを持つ市民が大勢いるからこそ、続いているのです。
 災害救援や復興支援を、幅広い智恵や能力を持つ企業や行政、 国際機関、研究機関、NGOなどの組織に属する人も市民としての意識を持ち、硬貨1枚を募金箱に託す市民と問題意識を共有しながら、互いに協力して取り組むことでより成果を上げられるよう、集まる拠点として海外災害援助市民センター(CODE)という新しい場を設けることにしました。
このような趣旨で阪神淡路大震災のその年い起きたサハリン地震へ早くも救援活動を開始したのは「被災者だからこそ苦しみを知っている」「二度と同じ苦労をさせたくない」との強い思いからでした。この思いはその後「被災地責任」という言葉となって防災を語り継ぐ活動となっています。
 私たちも東日本大震災を経験し、多くの支援を受けながら立ち上がりつつある東北を応援し続けてきました。その延長線上にフィリピンがあります。ぜひ多くの支援を届けたいと思います。


今年最後のボランティアバスは「ゆめハウス便」

ゆめハウスに変わる納屋と畑

 2011年8月から続けて来た女川支援はママサポーターズとの出会いを得て、高白浜仮設住宅でのお手伝いやクリスマス会の中から七人娘さんの布草履作りへと発展して行きました。それは女川町の市街地跡の鷲神浜にコンテナハウスの作業所を作る事へ進化。集う場所を失った在宅避難者も使用でき、商品販売やカフェも併設したものへと発展してきました。しかしこの場所は女川街道に面しており、被災地再開発による道路拡張で立ち退かなければなりません。そこで高白浜に唯一残った納屋を改造して、パパちゃんズ(男性陣の活動隊)が作った野菜や果実の加工場とカフェ、休憩所を合わせた建物に改造したものが出来上がります。それがゆめハウスです。
 ゆめハウス便はその完成を祝す開所式のお手伝いと、その後ホテル華夕美で行われる交流会への参加が一つの目的です。ボランティアバスは何かしらの作業をやらなければいけないのでは?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、今まで支援して来た結果の新たな1ページを飾る大きなイベントを現地の方と全国の支援者とで共有できる大事な意義ある活動です。

 復興の今を探る
 住宅再建したのに移転しなければならない大街道地区

P5140032.jpg
     
            (被災直後の大街道地区)
 またこの間お手伝いをした地域がどう変化して来たかを確認する事も大事な作業です。石巻市大街道地区は一番最初に入って、津波被害のすごさに驚かされました。その後自宅を再建なさって生活を再開したものの、今道路計画のため移転を余儀なくされています。地域の方は今後バラバラになります。未だに津波の恐怖が残り北上川まで行けないという方もいらっしゃるのに、新しい生活を始めなければならない精神的な負担はいかばかりかと思います。今回は既に仙台への移住を決めた地区の責任者の横山さんからお話を伺い、今後必要な支援とは何かを考えたいと思います。


瓦礫が山積みだった畑は今
         (阿部さん宅の畑は今充実した実りがあります)
 また北上町橋浦地区にも寄り、農地の回復状況をお聞きした上で、久しぶりに栄屋食堂さんのお弁当を味わう予定です。
 今回からボランティアがバスを仕立てる今までの方式から、バス会社の催行へと変化させました。その結果最小催行人数に達しないとバスが出ません。ぜひ多くの方の参加で東北を勇気づけたいと思います。

申し込み
◎今回から方式が変わりました。神田交通へ申し込む形です。
以下を良くお読みの上お申し込みください。

2013年12月20日出発!かなボラとうボラ協同ゆめハウス便
「女川ゆめハウス開所式参加と過去の活動地を巡る」

神奈川のボランティアを中心に支援を続けてきたうみねこハウスが今度はゆめハウスへと発展します。
今までの女性陣中心の活動から、パパちゃんズの男性陣も加わり巾が広がりました。
そこへ女川名物のイチジクの砂糖煮の生産と加工が出来る畑とゆめハウスの整備が完了しました。
今回はその開所式の準備と進行を努めるとともに、夕方のパーティーでは地元とボランティアとの大交流会に参加します。
また翌日は過去の活動地、石巻市大街道地区と橋浦地区を巡り、それぞれの現状を確認するとともに、地元の方に復興への課題をお話ししていただきます。

地元の方も久しぶりに皆さんとお会いできるのを待っています。




ボランティアツアーの内容
便名
かなボラとうボラ協同ゆめハウス便
定員
募集定員 40名様 / 出発催行人数30名様
出発日
12月20日(金) 〜 22日(日)
【1泊3日(車中1泊/現地1泊)】
出発場所
横浜駅西口・天理ビル前
上野駅東口・昭和通り ※下に地図あり
ツアー代金
お一人様 19,000円(税込) ※子供料金はございません。
※お部屋は、男女別々での相部屋となります。
※添乗員、バスガイドは同行致しません。
※ツアー代に含まれるものとして、交通費、宿泊施設使用料、食事代、主催旅行保険。
 食事代は、朝食1回、昼食1回、夕食1回がツアー代に含まれます。
 【 12月20日 夕× /12月21日 朝× 昼〇 夕〇 /12月22日 朝〇 昼× 夕× 】
出発時間
横浜駅西口 天理ビル前/23:00
上野駅東口 昭和通り/23:40
活動場所
宮城県牡鹿郡女川町
活動内容
23:00 出発: 横浜駅西口 天理ビル前
23:40 出発: 上野駅東口 昭和通り
          (翌日)
07:20 到着: セブンイレブン宮城女川店
08:00 到着: 活動場所 女川町高白浜ゆめハウス
          畑整備
          開所式準備(会場設営、食事準備など)
14:00 出発: 活動場所 女川町高白浜ゆめハウス
14:30 到着: ホテル王将女川店 ホテル華夕美 (宿泊)
17:00 開所パーティー
(この間うみねこハウスを支援してきた全国のボランティアと、地元の方との大パーティー)
           (翌日)
09:00 出発: ホテル王将女川店 ホテル華夕美
09:40 視察: 石巻市大街道地区の現状を見てから、区長の横山さんからお話を伺う
11:00 視察: 石巻市北上町橋浦地区の復興状況を見てから、阿部さん、今野さんのお話を伺う
12:00 昼食: 久しぶりの栄屋食堂弁当
20:30 到着: 上野駅東口 昭和通り
21:15 到着: 横浜駅西口 天理ビル前
参加資格
・18歳以上の、自己責任でボランティア活動ができる方
長時間のバス移動、野外での活動があります。身体に負担がかかるため、高齢の方、健康に不安のある方は医師にご相談の上、お申し込み下さい。

・ボランティア活動保険(天災タイプ)に加入されている方
         
平成25年度のボランティア活動保険(天災タイプ)は、あらかじめ最寄りの社会福祉協議会で各自加入して下さい。
出発当日平成25年度の ボランティア活動保険(天災タイプ)に未加入の方は、バス乗車をお断りしますのでご注意下さい。
神田交通では申し込み出来ませんので、社会福祉協議会様や保険会社窓口等で、ご自身で加入手続きをして下さい。
すでに加入の方も期限を必ず確認してください(年度1年限りの保険です)。
持ち物
持ち物については、一例ですので必要なものは下記以外でもご持参下さい。
□ボランティア活動保険加入証  □ボランティア登録証 
□健康保険証  □作業着と着替え  □ウエストポーチ、ディパック
□雨具  □タオル  □厚手の手袋  □飲料水  □食料
□ウェットティッシュ  □ゴミ袋  □携帯電話の予備バッテリー、充電器
□常備薬、酔い止め、虫除け、虫さされの薬  
□洗面用具、お風呂用具  □アイマスク、耳栓、エアークッション
□サージカルマスク、風邪対策  など     
お申し込みについて
申し込み方法
①まず最初にページ下部にあるご旅行条件書を必ずお読み下さい。
②次にページ下部にある申し込みフォームに必要事項をご入力下さい。
③インターネット申込みが出来ないお客様はFAXでお申込みとなります。
※申し込み後、予約受付メールをご確認後 代金の振込をお願い致します。
※予約受付の返信メールにお時間がかかる場合がございますので予めご了承下さい。
※申込を確認後の返信になります。
返信メールは、平日9時~17時30分での対応とさせて頂きます。
※お電話でのお申込み受付は一切いたしません。必要事項確認のためご了承ください。
申し込み締切
2013年11月30日(土)
※定員40名様に達した場合は、その時点で締切ります。
振込先について
1)振込期限:12月2日(月)
2)口座番号:みずほ銀行平塚支店(当座)0123990
3)口座名義:神田交通株式会社
4)振込人名:お客様氏名の前に ユメハウスビン を入れてください。
※予約申込後、申込受付の返信メール後3日以内にお支払下さい。お支払後に契約となります。
※予約受付返信メールが金融機関の定休日にあたる場合は定休日の翌日にお支払下さい。
※振込人名には、便名および氏名を入力して下さい。
お問い合わせ先
[予約受付・お支払関係のお問合せ]
旅行企画・実施
(社)全国旅行業協会正会員 神奈川県知事登録旅行業第2-494号
神田交通株式会社神田ツーリスト
〒254-0082 神奈川県平塚市東豊田531-37
TEL:050-3775-2020 FAX:0463-55-5500
営業時間 9:00 - 17:30(月〜金曜日)
総合旅行業業務取扱管理者 土屋 康一
担当者 藤川和育

[ボランティアに関するお問い合わせ]
かながわ・とうきょう発ボラバス応援隊
連絡先 神奈川発ボランティアバス応援隊  
E-Mail: kanavola311★AT★gmail.com
※メールは、★AT★を@に変更してお送り下さい。
上野駅東口 昭和通りの 集合場所について

tag :

かなボラ・とうボラ協同便「ゆめハウス便」出発です

2013-10-31
今年最後のボラバスです。
 一昨年の4月から石巻市大街道地区、橋浦地区と活動をしてきて、八木さんと出会いその後女川支援を続けてきました。その中でうみねこハウスを作り、ウッドデッキを張り、庇や棚を作ってオカアさん達が活動しやすい環境作りをお手伝いしてきました。しかしうみねこハウスは道路拡張に伴い移転を余儀なくされています。そこで高白浜に唯一流されずに残った八木さんの実家の納屋を改造計画を立てました。みんながガレキや枯れた木の根っこを片付けた畑で出来たイチジクの加工場、ホット一息のカフェ、ボランティアの休憩所に出来る建物へと改造する事になりました。そのための資金集めにReadyfor?への協力を呼びかけて、見事目標達成する事が出来ました。多くの皆さんのご協力のおかげです。ありがとうございます。
 今回はそのゆめハウスの完成を祝う開所式のお手伝いです。私たちのお手伝いが一つ一つ形になっていく喜びを確認できる嬉しい活動です。昼間のゆめハウスでの開所式に続いて、夕方には地元の方とこの間支援してきた全国のボランティアが一堂に会しての大交流会を催します。
ゆめハウス建築模型
また翌日は最初の活動地である大街道地区、続いての橋浦地区を訪問して現状を自分の目で確かめて、地元の方のお話をお聞きして復興状況や問題点を確認して、今後必要な支援形態を考えます。
 今まで活動してきた方、初めてボランティアバスに乗る方、それぞれにいろいろな発見の出来るボランティアバスです。今回から安全性をより高めるために、企画をかなボラ、とうボラが行い、主催をかながわで多くのボランティアバスに協力しておられる神田交通さんにお願いしました。
http://www.youbus.co.jp/バスツアー/ボランティアツアー/かなボラとうボラ協同ゆめハウス便/
からお申し込みください。
tag :

3度目の橋浦食堂便です 

2013-09-04
毎年恒例となりつつある橋浦保育所運動会でのボラバス食堂。
今年も子供たちや地区の方々に笑顔を届けに行きましょう!
なお、支援金のみのご協力もお願いいたします。
食堂便1
大勢のお客さんが来てくれました。
食堂便3

食堂便2
(2011年食堂便写真)

===ボラバス概要===
1. 出発・解散地と時間
 9月27日(金)①横浜駅西口天理ビル前22:30集合 23:00出発
         ②JR上野駅中央改札「翼の像」前23:30分集合 24:00出発
 9月28日(土)
  08:00 被災状況を見学しながら橋浦へ 食堂準備
  11:30 ボラバス食堂開始
  14:30 食堂終了 片付け
  17:00 橋浦出発 被災状況の見学や道の駅「上品の郷」等でお買い物を予定
  19:00 元気の湯到着 入浴・食事・懇親会・仮眠など
  23:00 元気の湯 出発
 9月29日(日)05:30上野駅帰着 06:30横浜駅帰着
バスは、株式会社ネオ倶楽部西新宿オフィスを通して、飛鳥交通を利用予定。乗務員は2名体制です。
株式会社ネオ倶楽部 http://neo-club.jp/index.html
株式会社テトラ 飛鳥交通 http://tetola.co.jp/

2. 活動内容 
屋台と遊びのコーナーを準備~片付けまで行います。
現地の方と一緒にご飯を食べたり、子供たちと遊びます。

3. 定員 43名

4. 申込み〆切 9月16日(月)23時59分
※ 準備に時間を要するため、通常より〆切が早いですのでご注意ください。

5. 参加費 8,000円 (28日の昼食代込み)

6. 申込の流れ
①添付ファイル(Excel)が受け取れるアドレスから
TKYvola311@gmail.com宛てに
  件名:とうボラ16便申込み
  本文:【氏名、携帯番号、携帯アドレス、乗降場所(①横浜②東京)】
を書き添えてメールでお申し込み下さい。
②受付番号と諸手続きに関する連絡を返信いたします。
 高校生以下で保護者の同伴がない方は、保護者の同意書が必要です。記入の上、当日持参いただきます。
③参加費を振込み後、振込完了メールを送信いただき参加の意思確認とさせていただきます。
 期日までに参加費を払い込まれないとキャンセル扱いとなりますのでご注意ください。
④当日までに天災特約付きボランティア保険(社会福祉協議会)もしくはそれに準ずる保険に加入しておいてください。
 <東京>http://www.tokyo-fk.com/MadoguchiList.php
 <千葉>http://www.chibakenshakyo.com/top/sityouson.htm
 <埼玉>http://www.fukushi-saitama.or.jp/site/volunteer/investigate/document/list.pdf

7. 参加費払い込み方法
 9月18日(水)までに振込後、振込完了メールを送信いただき受付完了となります。
 振込確認ができない場合のみ、こちらからご連絡いたします。
  三菱東京UFJ銀行新富町支店
  とうきょう発ボラバス応援隊 代表 佐々木 彩
  普通0056540
 振込依頼人名に「受付番号」を入れてください。 例)16-1ササキアヤ
 参加費は主催者側の都合による中止の場合以外は返金出来ません。
※元気の湯入場料(600円)、朝食・夕食代は別途個人負担

8. 問合せ
  TKYvola311@gmail.com
  とうきょう発ボラバス応援隊 佐々木まで

9. 持ち物
 屋台準備に必要なものをメールでご連絡いたします。(包丁、フライパン、カセットコンロ等を手分けして持参します。)

★現地の情報
・活動場所にお手洗いはあります。
・活動地到着前に朝食を購入するためにコンビニに寄ります。
・女性の着替えは到着後、バスの車内を使います。


===支援金振込先===
食材、調理器具レンタル、遊びコーナーの景品などにかかる費用のご協力をお願いします!目標4万円です。 
事前に【お名前、金額】をメールでお知らせください。
 振込確認ができない場合のみ、こちらからご連絡いたします。
  三菱東京UFJ銀行新富町支店
  とうきょう発ボラバス応援隊 代表 佐々木 彩
  普通0056540
 振込依頼人名に「16-00」を入れてください。 例)16-00ササキアヤ


みなさまのご参加、ご協力お待ちしています。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。