スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

黒田裕子さん(阪神高齢者・障害者支援ネットワーク代表)亡くなる

2014-09-24
 阪神淡路大震災を契機に災害ボランティアの世界に入り、災害看護だけでなく、災害時に大きな困難に直面する高齢者や障害者の支援をし続けてきた黒田裕子さんが亡くなりました。故郷の島根で療養するために帰郷したばかりでした。73歳でした。最後にお会いしたのは2年前の災害看護支援機構の総会でした。3年前の東日本大震災では気仙沼でお会いしましたが、それぞれ忙しくボラセンで挨拶を交わしただけでした。
気仙沼ボラセンで
 現場で徹底的に被災者に寄り添う姿勢は簡単には真似できるものではないが、しっかりしなければと強く思わされたものです。看護学校での災害看護のテキストには黒田さんが書かれた「災害看護」を推薦して下さり、わざわざ署名と「人生の荷物は夢一つ」と言葉まで書き入れて送ってくれたものでした。阪神以降19年にわたり現場で活動してきた実績が書き込まれた本でした。今年の10月23日で満10年になる中越地震、来年で満20年になる阪神淡路大震災でどのような感想を述べるか聞きたかった。阪神や中越での経験を生かしきれなかった東日本大震災での体験から、もっともっと丁寧に頑張らなくては、と叱咤激励したことでしょう。
 「話をしながら机の上に置いた手が開いていくのか、固く握りしめるのか。そんなことからもその人が今何を伝えているのかを考えることができる」こんな細やかな観察を自分はしているだろうか、低次元の支援を精一杯と自分で勝手に決めていないだろうか、そんな反省を素直にさせてくれる人でした。
 最初にであった頃は真っ黒だった髪も最近は白いものが増えていましたが、あのストレートの長めのおかっぱ頭は忘れられません。本当に大事な先輩を亡くした悲しみの内にいます。

 
スポンサーサイト
tag :

3回目の3,11をひかえて

2014-02-28
 まもなく3回目の3月11日を迎えようとしています。この3年間で何が変わったのでしょうか。
 女川では元気で頑張るおばあさん、おじいさんが出てきました。県からは年寄り対象の活動より青少年対策が大事、などと悪口も言われたりした布草履組合活動ですが、今や新しいゆめハウスの完成も目前で、被災地での成功例の一つと評価できます。しかし人々が住む環境は全く変わっていません。更地のままの元の住宅街。狭い仮設住宅。生活再建の基本の住宅問題に解決のめどはまだ立っていません。それでも前へ進むエネルギーを生み出すもとは多くのひととのつながりを実感できることからではないでしょうか。そのためにも私たちの支援活動は重要な意味を持ちます。
 しかし支援側にも疲れやどのような関わり方が必要かが分からなくなるなどの諸問題が出ています。そんな問題を解決するために報告会を開く中で多くの知恵を集めたいと思います。かなボラ・とうボラと別れている意味合いも既に無くなりました。合同して新しい名称と活動内容を共有したいと思います。
時:2014年3月16日(日)11時〜13時
会場:かながわ県民活動サポートセンター302
会終了後は懇親会を予定しています。多くの方のお越しをお待ちしています。会場では気仙沼のワカメや女川布草履組合の新製品の橋カバーやランチョンマットなども販売します。
tag :

まだ庭に車が突っ込んだままの家も 1年後の今をお伝えします  14便も募集中です  

2012-03-08
3月4日〜5日と駆け足で気仙沼市、女川町、石巻市を回ってきました。
気仙沼ではワークショップひまわりを尋ね、その後の仕事の様子を伺ってきました。クッキーやパウンドケーキの他に市内のスーパーから野菜の袋詰めの仕事を受託したそうで、男性陣はインゲンを(なんとオマーン産)を計量する人、袋に入れる人、テープ止めする人、と分担しながら熱心に働いていました。クッキー担当は主に女性陣です。それぞれ工夫をこらして作業しやすくしています。そういった工夫を周りの人が気が付いてあげればきちんと仕事できる人たちです。障害者が仕事をする時には本人がどれだけ出来るかをつい見てしまいがちですが、本当は周りがどれだけ気が付いてあげられるかだと思います。
方見本
クッキーの袋にシールを貼る際に台に位置が分かるようにしてあげれば誰でも間違わずに正確に貼れます。たったこれだけの工夫で良いのです。
女性陣は活発な人が多く、中でも佐藤さんは前回も大歓迎してくれましたが、今回はなんと入室するなり「イケメン」と嬉しい評価。サインまでねだられちゃった。こんな経験初めて。嬉しいので記念写真撮っちゃいました。
記念写真ひまわり
なお先週お邪魔したとうボラのメンバーがひまわりのフェイスブックを作ってくれました。
FB  http://www.facebook.com/koubouhimawari?ref=tn_tnmn
どんどんコメントして上げて下さい。


tag :

被災地ボランティアに行く方必見

2011-05-06
国際救急法研究所です。
被災地ボランティアに行かれる方は、以下のウェブサイトでボランティア活動の安全管理について事前学習されてから参加してください。


ボランティアの安全衛生研究会
tag :

被災地ボランティアに関わろうとしている人へのお願い

2011-05-06
「被災地ボランティアを目指すあなたへ」
       ー知っておきたい事、知らなければいけない事ー
国際救急法研究所 理事長 宇田川規夫

災害で失われる物は?
•1 命
•2 財産
•3 思い出
津波、火災はすべてを根こそぎ奪い尽くしたのです。

1 東北地方太平洋沖地震災害の被害の特徴
・ 高さ最大38,9mの大津波を各地で観測
・ 多くの強い余震が続いており、余震の発生とそれによる津波に注意する必要がある
・ 死者14,817名、行方不明10171名(警察庁5月5日1:00現在)
・ 避難所数 1305ヶ所(最大1600ヶ所) 避難所利用者 12万4201人
  (阪神淡路大震災では最大599ヶ所)
・ 被災地は青森県から千葉県まで500km
(阪神淡路大震災では約80km)

2. 被災地に着いたら
・ 被災地の風景は刺激的です。でも写真やビデオ撮影は、被災された方や被災地の気持  
 を配慮して行い、一斉にカメラを向けるようなことは避けましょう。被災された方が特
 定できる写真は、その方の了解を取ってからにしましょう。
・ 自分や仲間の安全衛生も大変重要です。よく理解して、作業の準備をしましょう。

3 被災された方に向き合うために必要な心構え
・ 被災された方と話をする際は、相手と同じ目の高さに自分の姿勢を合わせて、自然に
 接することを心がけましょう
・ 被災された方の立場をできるだけ理解し、自分の判断を押しつけるようなことは避け 
ましょう。
・ 必要以上に自分の経験や考えを振りかざすことは避けましょう。

4 安全衛生の心構え
・ 「おかしいな」と感じたら、活動をやめてリーダーに伝えます。どんなに予防しても、 
ケガをしたり具合が悪くなることがあります。気づくことが大切です。
・ 今回はボランティアの事故が多発傾向です。またホコリがすごいのでマスクとゴーグルはきちんとかけます。
  活動が終わったら、手洗い・うがいをしっかりとして感染症の予防を心がけましょう。
・ 活動が終わったら、熱い気持ちをクールダウン。報告ではヒヤッとした経験も伝えま 
しょう。

5 持ち物の諸注意—重要
・ マスクー津波被災地は泥で被われました。日にちが経ち、乾燥して粉塵が多く舞い上がります。マスクは平らなものでなく、立体型のものを用意してください。同じ理由からゴーグルが必要となります。コンタクトレンズ利用の方は必ずご用意ください。
・ 靴—長靴の方は底が弱いので鉄製の中敷を用意する事をお勧めします。(ワークマンなどで売っています)または作業用ブーツを用意してください。
・ カッパー泥だし作業は汚れ仕事です。カッパは汚れ防止に必要です。安いものでかまいません。
・ 手袋ー自分の手のサイズにあった作業用ゴム手袋が最適です。軍手だけでは泥汚れを防げません。
・ 帽子—作業時に頭を守るものです。日よけではありません。ヘルメットは不要です。
・ 汚れ物入れー大きめのポリ袋を用意してください。帰宅後の洗濯は他のものと一緒にせず、手洗いで洗うようにしてください。
・ 飲み物ー当日の天気にもよりますが、多めに用意しましょう。なお作業現場付近ではコンビニが復活していますが、買い物の時間は無いと思います。
・ お弁当—14日(土)朝、昼をご用意ください。
・ 予防注射—ボランティア活動で釘の踏み抜きや切り傷、擦り傷が多発しています。不潔な環境下でのこのような事故は破傷風の危険性があります。できれば出発前に破傷風の予防接種を受ける事をお勧めします。

6 作業終了後
 食事をした後、松島の大観荘で入浴、休憩の予定です。人数が大幅に増えたため食事場所は調整中ですが、市内で食事をして、少しでも被災地にお金を落としていけたらと考えています。作業中の避難所の方々の温泉ツアーも時間差を作っての案内になりそうなので、食事も大観荘行きも時間差を作っての運行になるかもしれません。ご了承ください。

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。