スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

六年目に入る東日本大震災

2016-03-10
 マスコミの報道量がグンと増えた今月です。私たちはこの5年間いろいろな形で東北を支援し続けてきました。今は直接かかわっていなくても、多くの方の気持ちの中に忘れられない思いが残っている事と思います。そんな気持ちを「節目」と呼ばれる今回何らかの形で表したいと思い、「祈りの汽笛」という呼びかけをしています。
祈りの汽笛
 この時間にいる場所で黙祷をしていただければと思います。そして大事な命を失う哀しみ繰り返さないように、家を失い将来が失われることの無いように、ご自分の災害への備えを再度確認して下さい。

神奈川県民の皆様へ
 〜3月11日を忘れまい〜 県内防災ボランティアからの訴え
 2016年3月11日で神奈川県でも死者東日本大震災から満五年となります。私たちはこの5年間、多くの県民の方々のご協力を得て東北への支援を続けてきました。
 そこで見えてきたことは、5年を経てもいまだ復興への道半ばだと言う厳しい現実です。あの狭い仮設住宅から引っ越しができるのがまだ2年先と言う方々が多くいることが端的に物語っています。主産業の漁業は「わかめ」、「ホタテ」、「カキ」など元気を取り戻しつつありますが、さらなる支援が必要です。
福島の方々は未だ43,000人以上が県外避難を余儀なくされています。
 そのような東北と連携して活動をさせていただいてきた私たちはたくさんの災害からの学びを得ることができました。
私たちはそその学びを私たちの地域に還元させなければ神奈川県の災害からの安全は確保できないと考え、今なお活動を続けています。その思いを込めて5年目の3月11日を迎えたいと思います。そのため次の3点を皆様にお願いしたいと思っています。

1  2016年3月11日14時46分横浜港で氷川丸、帆船日本丸が鳴らす汽笛に合わせて黙祷し、東北へ思いを馳せてください。
2 何よりも「生き残らなければ何も始まらない」ということを念頭に置いて、家屋の耐震強化、屋内の安全確保(家具の固定・ガラスの飛散防止など)、そして、緊急地震速報に対して的確に身を守る行動(シェイクアウト行動)を確実に行えるようにしましょう。何を備えても、生きていなければすべてが無駄になることを自覚してください。
3 自助は70%、向こう三軒同士の助け合い(隣助)20%、共助が10%であると思い生活をしてください。災害が起きてしまったときに後悔をしないようにしましょう。


                        2016年3月11日
                「3、11祈りの汽笛」実行委員会
 3、11祈りの汽笛実行委員会
(ソクラテスプロジェクト、かながわ女性防災、NPO法人かながわ311ネットワーク、ざま災害ボランティアネットワーク、被災地の子どもを支援する神奈川市民の会、横浜災害ボランティアネットワーク会議、葉山つながる広場、東日本被災者支援団体連絡会inかながわ、神奈川県医療社会事業協会、国際救急法研究所、微力JAPAN、相模原医療ソーシャルワーカーの会有志、ボーイスカウト横浜市連合会、小野和佳、林茂博、岩間雅彦、小須田哲也、小須田紀子、林純徳、林恭子、神保章子、村上隆治、村上啓子、村上志津香、村上正鉄、村上紗世子、木下裕子、武者友子、江原晶子、佐々木由起子)

協力 氷川丸、帆船日本丸
スポンサーサイト
tag :

障害者の防災問題を考える

2014-03-14
障害者防災を考える
 〜なにがネックになっているのか〜

東日本大震災から3年が経ちましたが,被災地の苦悩はまだまだ続いています。災害時全体の死亡者の2倍を出した現実は障害者の置かれた位置を示しています。しかし少しずつですが明るい光も見えてもいます。公共交通機関のバリアフリー化を求めて実態調査をはじめたり、新しい移送サービスが始まったり、と積極的に社会参加をするための動きも出始めています。
 ではそのようなことが可能な状態の横浜では災害時も障害者の困難は回避できるのでしょうか。災害時要援護者への対応はどこでも難しさを抱えています。その解決のためには当事者やそれを支える人々が積極的に関わらなければ良い答えは得られないと思います。
 今回は東日本大震災の現場で救援活動を続けてきたゆめ風基金の活動と、日頃地元で災害ボランティアコーディネーター養成を行いながら、障害者団体の積極的関与を進めているいたばし総合ボランティアセンターの活動の報告を受けながら、参加者も一緒にこの困難な課題の解決方法を考えあいたいと思います。

日時:2014年3月21日(金・祝)13時30分〜16時
会場:神奈川県民活動サポートセンター403(横浜駅西口ヨドバシカメラ裏)
問題提起者
1 八幡隆司さん(ゆめ風基金理事)
 阪神淡路大震災を契機に立ち上がった障害者防災団体。東日本大震災ではいち早く現地調査を行い、救援物資の提供や施設再建の費用支援、被災地しょうがい者支援センター設立支援などの活動を行っている
2 神元幸津江さん(いたばし総合ボランティアセンター副所長)
 板橋区内の市民活動を支える中間支援組織として、区民、NPO、板橋区社協、板橋区の4者の協同運営組織です。災害ボランティアセンターの運営を担う立場から、平常時もコーディネーター養成や地域訓練への参加、障害者団体との学習活動などをおこない、要援護者問題の解決を探っています。
3 参加者のみなさん
 お二人の報告を受けた後参加者でグループワークを行い、障害者防災の問題点や困難点を出し合い、講師のお二人と共に解決策を考えあいます。

*申し込みは不要です。
*手話通訳がつきます

主催:「逃げ遅れる人々」港北区上映実行委員会
事務局:国際救急法研究所  お問い合わせは 045-431-4070 koku-kyu@af.netyou.jp
tag :

ゆめハウス計画へご協力をお願いします

2013-10-10
 女川町高白浜に唯一破壊されずに残った納屋があります。海抜5mくらいの位置です。この間ブルーベリー便とかイチジク便と称してボランティアの皆さんと一緒に整地した畑があるところです。
P8240013.jpg

 そこを改築して、コミュニティーカフェや果実の加工場、ボランティアの憩いの場にする計画があります。そこはようやく動き始めた男性陣の活躍を保証する場所でもあります。しかしそのためにはガス、水道、下水といったものの整備が必要です。そこで現在クラウドファンディングで募金中です。目標金額は175万円、10月10日段階では58名の方のご協力により867000円が集まっています。しかしこの仕組みは予定日までに目標金額に達しないとそれまで協力して下さった方の気持ちをお金にする事が出来ません。残された日にちはあと27日です。
詳しくは代表の八木さんの書かれた企画書をお読みください。
https://readyfor.jp/projects/takashirohamayumehouse
趣旨をご理解の上、みなさんのご協力をおまちしています。
tag :

ボランティアの安全衛生フォーラム 〜被災地を結ぶ ボランティアバスの安全〜

2013-09-30
この二年半ボランティアバスを出し続けています。延べ1268名の方が参加してくれています。幸い事故も急病も発生せずに来ましたが、しかしいつも何かあったらどうしようとの心配と隣り合わせでした。多くの気持ちと力を乗せるボランティアバスは今後も多発するであろう災害に対し大きな力を発揮する仕組みです。だからこそもっと積極的に安全を確保できるような仕組みを考えあいたいと思ってこの企画を立てました。ぜひ多くの方に集まっていただきたいと思います。

被災地の惨状を見た人々が居ても立っても居られずボランティアとして駆けつけてる手段として、ボランティア・バスが活躍しています。
 ですが、活動現場における事故や健康管理、ストレス対応など「安全衛生」に関しては、必要性が十分に行き渡っているとは言えません。また、0泊3日の弾丸ツアーのような旅程、現場での安全配慮や事故に備えた体制など、検証と確認の必要なことも多々あります。
 そこで、今回のフォーラムでは、ボランティア・バスを主催される方、ボランティア・バスに参加される方、ボランティアを受け入れる方に向けて、ボランティア保険の徹底解説セミナーや、熱心に活躍されている企業・団体の方をお招きしたパネルディスカッションを開催して、ボランティアの想いを安全に被災地に結びつける仕組みとしてのボランティア・バスについて考えます。
 是非、様々な方々に来て頂き、「災害時に活動するボランティアや市民の安全や衛生」について考える機会としたいと思います。一緒にボランティア・市民の活動安全について考えませんか。

日時:10月6日(日) 10:00~16:00
会場:東京臨海広域防災公園 そなエリア東京(東京都江東区有明3丁目)
主催:ボランティアの安全衛生フォーラム実行委員会 , 日本ファーストエイドソサェティ
共催:国立・都営 東京臨海広域防災公園 , 災害救援ボランティア推進委員会
入場:無料、事前申込不要

【プログラム】
● 展示コーナー 10:00~16:00
 ボランティアの活動報告や、防災グッズ・装備品・AED・食料品などを展示しています。

● セミナー 10:30~12:00
「災害ボランティア活動で事故を防ぐには ~ボランティア保険を深く知ろう!~」
 ・「最近の主な国内の災害を概観する」
   (社福)全国社会福祉協議会
   全国ボランティア・市民活動振興センター 後藤真一郎 氏
    http://www.zcwvc.net/
 ・「ボランティア保険からみる活動の安全衛生を問う」
   (株)福祉保険サービス 営業部長 斉藤英樹 氏
    http://www.fukushihoken.co.jp/

● パネルディスカッション 13:30~15:30
「ボランティアの想いを安全に届ける仕組みを考える」
 パネリスト
  JTBコーポレートセールス 営業第一課長 菅原剛 氏
   http://www.jtbbwt.com/
  かながわ311ネットワーク 理事 谷永誠 氏
   https://www.facebook.com/kanagawa311net
  いわてGINGA-NET 代表 八重樫綾子 氏
  岩手県立大学 災害復興支援センター センター長 山本克彦 氏
   https://www.facebook.com/iwateginga
 コーディネーター:国際救急法研究所理事長 宇田川規夫 氏
   http://kokukyu.blog.fc2.com/

詳細:http://www.gensaifukushi.jp/v_anzen/4v.anzen2013flier.pdf

●お問い合わせ:ボランティアの安全衛生フォーラム実行委員会
 メールにてお願いします。 v_anzen@gensaifukushi.jp

※なお、配布資料等の準備の都合上、事前にメール等にてご出席の連絡いただければ幸いです。メールに 1)お名前 2)メールアドレスを記載のうえご連絡ください。

【首都直下地震の発災から72時間を生き残れるか!】
 共催・会場となる「そなエリア東京」では、体験学習ツアーを実施しています。当日の団体申込枠はいっぱいですが、個人参加枠には空きがあるそうです。こちらも事前お申込は不要ですので、フォーラムと併せて、ぜひご見学ください。
http://www.ktr.mlit.go.jp/showa/tokyorinkai/72h/1f/01.htm
tag :

今年の活動予定

2013-02-05
 先日はかなボラの新年会を行い、久々の顔とお会いする事ができました。ネット時代でも時々合う事はとても大事だと感じます。
 遅ればせながら今年の活動予定を上げておきます。残念ながら最近はバスを仕立ててもなかなか定員まで至らない事が多くなっています。ぜひ早めにかなボラの予定を入れるようにしてください。とうボラとの共同企画や応援企画もあります。
1 布草履販売のお知らせ
2月9日(土)10~17時@曳舟文化センター
『すみだ耐震補強フォーラム』にて
女川高白浜草履組合の布草履、女川町鈴丸水産の佃煮、
南三陸町オーイング菓子工房RYOのお菓子を販売します。
http://sumidakutaishin.jp/?p=319
お時間ある方は是非足をお運びください。
また、一部の時間だけでも販売をお手伝いいただけますと助かります!
TKYvola311@gmail.com 佐々木宛てにご連絡ください。
2 二周年現地訪問
3月9日発 10日気仙沼市、11日女川町などを訪問
宇田川まで
3 3月ボラバス予定
3月2日(土)女川町高白浜にてママサポーターズが
果樹園の取り組みの第一歩としてブルーベリー畑を整備します。
3月1日(金)深夜発3月3日(日)早朝帰着のボラバス「ブルーベリー便」
4 3月24日(日)葉山つながる広場
「第3回 葉山つながる広場」葉山小学校で開催決定!
葉山町立葉山小学校校庭と体育館で、炊き出し体験、布草履、さんまなどの販売
お手伝いいただける方は中尾さんまで 
http://www.facebook.com/groups/484188071626458/
当日見学大歓迎
5 ハートネットふくしま活動支援
郡山市周辺の仮設住宅への支援を続けているハートネットふくしまですが、人出不足と資金不足です。
お手伝いできる方歓迎です。
5月4日(土)10時ハートネット事務所
希望者は宇田川まで連絡ください。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。