スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

9便は高白浜仮設支援でした。10便は橋浦保育所運動会応援です。

2011-09-20
 9便の高白浜仮設支援の活動は、インフレ気味の一千万円ショップ(現地のおばちゃんのアイデア)と秋祭り屋台村。昼間は屋台の準備、その時間を利用しておばちゃんたちを橋浦保育所へ案内しました。保育所の運動会で使う玉入れ用の紅白の玉をおばちゃんたちが手作りしてくれた物を一緒に届けたのです。玉の中身の籾殻は中越地震の被災地川口町木沢在住の平澤さんからの品。助け合いの三角関係です。車内では久しぶりの遠出におばちゃんたちの話に花が咲いたが、どんな花が咲いたのかよくわかりません。特に仮設最高齢のトミちゃん(84歳)は生まれてから今まで高白浜を出たことが無いそうで、ほとんど理解出来ませんでした。途中の被害風景に自分たちの経験と、そして以前の記憶と重ねあわせながらお話は切れる事がありませんでした。
 保育所では所長先生が待っていてくれました。当日の様子はどうだったのか、とのおばちゃんたちの質問で初めて聞く被害当日の様子でした。当日は地震の後ほとんどの子はお迎えの家族に引き取られたのですが、4名がまだ残っていたところに津波が襲いかかったそうです。玄関から濁流が入り込み、一番奥の遊戯室のストーブの木製カバーに子供たちを乗せて守って4時間立ちっぱなしだったそうです。窓からは流される家、車、牛、そして人が見えるもののどうしようもなく、ただただ救助を待つだけだったそうです。また折角親が迎えにきたのに、その後の避難でつないだ手が津波の勢いに負けて離れてしまい、助からなかった子がそうです。そんな生々しい話を聞きだせるのも同じ被災者同士だからでしょう。
被災状況を聞く


 それぞれの経験を語り合ったあとに玉の贈呈が行われました。他の保育園でも使う予定があるとか。おばちゃんたちの手作りの玉が宙を飛ぶ運動会の応援隊活動が10便で予定されています。
贈呈式


 おばちゃんたちはその後道の駅上品の郷に寄り、久しぶりの買い物と外食を楽しみました。
 
 仮設住宅でも海の仕事の準備を始める方がいました。この作業は海鞘の養殖用のロープの準備。このロープに種を付けるんだそうですが、そのための道具が不思議で見せてもらったところカジキマグロの角を削ったものだそうです。すこしづつですが復興の兆しも見え始めました。
海鞘用ロープ


ところがここにも問題が。現地ではこのロープが品薄でなかなか手に入らないんだとか。北海道から神奈川県まで漁業被害は起きていますから,様々な物が足りなくなっているんですね。これも復興の足かせになります。

 仮設住宅の住み心地は決してよくありません。その原因の一つは収納力の小ささです。何しろ押し入れ一つしか無く,それも天袋が無いため上段は使い勝手がきわめて悪いのです。それの解消も今回の目的の一つでした。でその成果がこれです。
棚1
棚2


 また二回目の訪問ということで少し気心が知れたせいでしょうか。こんなすごいことをやった方がいました。
おしゃべり

 何ともないおしゃべり風景ですが、被災地で普通のことをやるのはとても大事だが難しいことでもあります。女同士のおしゃべりで吐き出せたことがたくさんあったのではないかと思います。大ヒットのボランティア活動でした。
 夜になると秋祭り。前回作った縁台がここでも大活躍。いろいろな屋台が皆さんの口を楽しませました。また一千万円ショップは今度も大にぎわい。飛ぶように品物が売れました。
祭4
祭1
祭2
祭3


 最後にボランティアへサプライズプレゼントがありました。前回お渡ししたまけないそうがすっかり気に入ったおばちゃんたち。ボランティアに上げるためせっせと作り貯めていたそうで,今回それが参加者全員にプレゼントされました。トミちゃんから手渡されてみんなびっくり。大切なお土産になりました。
まけないぞう贈呈

 

 
tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。