スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

3、11から一年経ってのこれからの支援は

2012-04-22
あっという間に一年が経ちました。2012年3月11日東北はもとより、全国各地で慰霊の意味を込めて様々な行事がもたれました。私は午前中は世田谷ボランティア協会が催した「受援力」を考える学習会でお話ししました。「受援力」とは被災した地域が支援をうまく受け入れる力のことですが、それに対応する「支援力」もあわせて考える必要があるとお話ししました。支援がうまく行かないと逆に現地の自立する力をそぐことが良く見られます。今回も同じ問題があちこちで発生しています。私たちのボランティアバスが一番考えていることは、いかにして現地を後押しし、現地の力を引き出すかです。そのための取り組みがこの日も行われました。

鎌倉プリンスホテルでは七里ケ浜地区と七ヶ浜をつなぐイベントが開かれ、かなボラ応援隊も店を出しました。お隣の七里ケ浜高校の生徒会の生徒さんも来てくれました。(3月11日)
七里ケ浜高校生

3月24日には七人娘のうちのツルちゃん(木村鶴見さん)とトミちゃん(木村トミエさん)が逗子の中尾さんグループの招待で神奈川に来ました。一日湘南見学をして、大仏様では大草履を見て制作意欲を高めました。(4月25日)
わらじとおばあさん

夜はトークショーに出演。その後の販売では次々にお客様との記念撮影に応じていました。(4月25日)
客と記念写真

現地では次々に仮設商店街が出来ています。女川町の高白浜仮設住宅に行く途中にある小乗仮設住宅の隣にも穴子丼が自慢の「ニュー小乗」が開店。自慢の穴子丼を食してきました。満足満足。(4月22日)
穴子丼

その後横浜の女性陣が作ってくれた手作りの鯉のぼりを橋浦保育所と小学校にお届けしてきました。
保育所の子供たち相変わらず元気でした。(4月23日)
鯉のぼり保育所





スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。