スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

女川の方々が待っています 15便まだまだ募集中  

2012-05-18
 かなボラ15便、女川町での仮設作業所開設支援に皆さんの力を
 神奈川からのボランティアの力で仮設の作業所が建てることができました。現地の方、特に在宅で生活をしている方々は集まって活動する場が無くなってしまったため、大変喜んで開所を心待ちにしているそうです。町も広報で協力してくれています。
 仮設住宅には集会所が設けられており、健康指導やボランティア活動などを行っていますが、自宅に暮らしている方にはそのような支えがありません。生活面の困難は同じでも義援金や物資支援には大きな差があります。殆どの方は何も貰っていないとおっしゃいます。そこに今回の作業所ができる意味があります。今回は作業所の環境を整えるための作業と、地域の方と交流するイベントの二つがあります。
 作業所の環境整備の一つは仮設トイレの目隠しです。トイレの周りに囲いを作る仕事です。二つ目は作業所内にカーペットを敷きつめる仕事です。これによりみんなで座り込んでワイワイやりながら楽しく作業ができます。三つ目は外壁を飾って作業所を目立たせる仕事です。今はどこもかしこも何も無くなった更地が広がっており、寂しさがつのる風景が広がっています。そんな中に立つ作業所ですから、少々派手に、そしてどんなことをやっているのかがわかるような飾りでも良いかと思います。皆さんの知恵を頂きたいところです。草履組合のおばあさんたちは特大の草履を作って看板にするそうです。
大仏の草履
(鎌倉大仏の奉納草履を見上げる高白浜草履組合のツルちゃん、トミちゃん)
こんなのを作っているのかしら

 地元との交流会も
 もう一つは地元の方との交流会。26日の夕食はともにバーベキューで楽しもうと思います。何も支援がこないと嘆いている方々へ少しでも楽しんでもらうよう工夫をした会にしたいと思っています。綿菓子、ヨーヨーなどは翌日の開所式でも活躍しそうです。さくら集会所
 宿泊先にもなるこのさくら集会所の前や道路を使ってのおもてなしです。
 翌日の20日は作業所開所式を地元の方と一緒に祝います。紅白のお餅を用意しているそう。ここでも地元の方と美味しい交流会をする予定です。お昼代わりに道路の向かいにできた仮設商店街からのおにぎり弁当をお願いしています。それをお土産に、また途中の蒲鉾屋の高政かマリンパルで買い物を楽しんで帰る予定の欲張りツアーです。
 申し込み方法等はこの記事の一つ前に詳細案内が載っています。皆さんの参加をお待ちしています。

母の日プレゼント
 とうボラの佐々木さんたちが5月12日に行った母の日プレゼントの報告です。

5月12日(土)、まず女川コンテナ商店村のふらわーしょっぷ花友にて、
50鉢色とりどりの「カーネーション」を仕入れました。
一鉢900円でお願いしていたので、正直カーネーションはムリだろうと思っていたのですが、
かなり立派なカーネーションで、しかもプレゼントラッピングまでしてくださっていました、感動!

泊浜、新山浜では1軒1軒お宅をまわってお母さん方にお花とメッセージカードをお届けしました。
「こんにちわ~」と入っていくと、「はい~?」と面倒そうな声が聞こえてくるのですが、
「母の日に、全国のみなさんからお花とメッセージを預かってきました!」と伝えると、
「まぁ~!」顔がほころぶのが印象的でした。
あるお母さんは漁網で作ったミサンガを、新山浜の区長夫人はワカメを、
お礼にとくださり、どちらがボランティアだかわからない状態でした。
浜の生活模様が垣間見ることができ、届け隊にとっても貴重な経験となりました。

道中、毎日新聞さんと、日テレバンキシャ!の取材が同行しました。
新聞記事  http://mainichi.jp/select/news/20120513k0000m040083000c.html
バンキシャ! http://on.fb.me/Kos8mJ

最後はツンさんが前網浜仮設住宅にお花をお届けしてプロジェクト完了。
「今度は夏に釣りにきてよ~」と声をかけられるツンさん、
牡鹿と全国のみんなの橋渡しをしてくれたことに感謝です。
一緒にお花を届けてくれたツンさんの仲間たちもありがとう。

スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。