スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

イチジク便無事出発します

2013-06-12
 参加申し込みありがとうございます。 
かなボラ19便は最近の傾向どおりなかなか参加者が増えず、やきもきさせられましたがおかげさまで6月12日段階で33名の参加申し込みを受けています。台風3号もなんとか消えてくれそうな気配で、イチジクを植えることが出来そうです。
 支援のあり方を考える
 ところで最近支援のあり方を考えさせられる事柄がいろいろ起きている現地です。何から何まで失われた当初は支援すべてに意味がありましたが、少しづつ整ってきたいまでは現地の経済をいかに回復させられるか、その中でどのような支援のあり方が望ましいものなのかを十分に吟味する姿勢が支援側に求められます。そんな意味で当初から気になっていたのは学習支援です。保護者の方々も経済的に厳しくなったり、保護者が犠牲になったりした家庭は無料の支援は意味があるでしょうが、どんな子供でも引き受けてしまうと現地の学習塾を営んでいる方々にとっては、無料で行われる学習支援はある意味商売敵になります。いつ、どのような支援をするかは私たち外部のものが常に気を配らなければならないことでしょう。
 もう1つ気になることは現地に支援慣れ、貰えることが当たり前の雰囲気が出ていることです。当初は貰うことにためらいがあったり、感謝していたのが、次第に貰うのが当たり前になったり、不満を漏らしたりと変わってきているのです。もちろん全員がそうである訳ではないのですが、傾向としては気になることが目に付く事が現地から報告されています。これもやはり支援のあり方が問われてもいるのだと思います。だからこそ物作りを活発にして生き甲斐とともに経済的に支える仕組みのできているうみねこハウスを支援する意味が大きくあると思うのです。
 現地が経済的に復活するのはまだまだ先と思われます。一時期の買い物で支援、という動きも少しづつ薄らいできています。だからこそ地道に、粘り強く現地に行ったり、現地の物をこちらで販売したり、励ましの手紙を書いたり、と様々な支援を続けていきたいと思います。
 
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://kokukyu.blog.fc2.com/tb.php/102-d8f85880

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。