スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

六年目に入る東日本大震災

2016-03-10
 マスコミの報道量がグンと増えた今月です。私たちはこの5年間いろいろな形で東北を支援し続けてきました。今は直接かかわっていなくても、多くの方の気持ちの中に忘れられない思いが残っている事と思います。そんな気持ちを「節目」と呼ばれる今回何らかの形で表したいと思い、「祈りの汽笛」という呼びかけをしています。
祈りの汽笛
 この時間にいる場所で黙祷をしていただければと思います。そして大事な命を失う哀しみ繰り返さないように、家を失い将来が失われることの無いように、ご自分の災害への備えを再度確認して下さい。

神奈川県民の皆様へ
 〜3月11日を忘れまい〜 県内防災ボランティアからの訴え
 2016年3月11日で神奈川県でも死者東日本大震災から満五年となります。私たちはこの5年間、多くの県民の方々のご協力を得て東北への支援を続けてきました。
 そこで見えてきたことは、5年を経てもいまだ復興への道半ばだと言う厳しい現実です。あの狭い仮設住宅から引っ越しができるのがまだ2年先と言う方々が多くいることが端的に物語っています。主産業の漁業は「わかめ」、「ホタテ」、「カキ」など元気を取り戻しつつありますが、さらなる支援が必要です。
福島の方々は未だ43,000人以上が県外避難を余儀なくされています。
 そのような東北と連携して活動をさせていただいてきた私たちはたくさんの災害からの学びを得ることができました。
私たちはそその学びを私たちの地域に還元させなければ神奈川県の災害からの安全は確保できないと考え、今なお活動を続けています。その思いを込めて5年目の3月11日を迎えたいと思います。そのため次の3点を皆様にお願いしたいと思っています。

1  2016年3月11日14時46分横浜港で氷川丸、帆船日本丸が鳴らす汽笛に合わせて黙祷し、東北へ思いを馳せてください。
2 何よりも「生き残らなければ何も始まらない」ということを念頭に置いて、家屋の耐震強化、屋内の安全確保(家具の固定・ガラスの飛散防止など)、そして、緊急地震速報に対して的確に身を守る行動(シェイクアウト行動)を確実に行えるようにしましょう。何を備えても、生きていなければすべてが無駄になることを自覚してください。
3 自助は70%、向こう三軒同士の助け合い(隣助)20%、共助が10%であると思い生活をしてください。災害が起きてしまったときに後悔をしないようにしましょう。


                        2016年3月11日
                「3、11祈りの汽笛」実行委員会
 3、11祈りの汽笛実行委員会
(ソクラテスプロジェクト、かながわ女性防災、NPO法人かながわ311ネットワーク、ざま災害ボランティアネットワーク、被災地の子どもを支援する神奈川市民の会、横浜災害ボランティアネットワーク会議、葉山つながる広場、東日本被災者支援団体連絡会inかながわ、神奈川県医療社会事業協会、国際救急法研究所、微力JAPAN、相模原医療ソーシャルワーカーの会有志、ボーイスカウト横浜市連合会、小野和佳、林茂博、岩間雅彦、小須田哲也、小須田紀子、林純徳、林恭子、神保章子、村上隆治、村上啓子、村上志津香、村上正鉄、村上紗世子、木下裕子、武者友子、江原晶子、佐々木由起子)

協力 氷川丸、帆船日本丸
tag :
コメント:
このコメントは管理者の承認待ちです
[2017/08/03 06:39] | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://kokukyu.blog.fc2.com/tb.php/125-924874a5

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。